USBで接続しているバージョンを確認する

 

アクセスできなくなったHDDにもXubuntuで読み取ることができるようになったわけですが、
1TBのファイル群をコピーしようと試みたところ…

ファイルコピーSS1

残り266時間!?
年内に終わらない計算に。

さすがにおかしいなと考えてみたところ、USB1.1の転送速度じゃないか?という疑問に行き着き、XubuntuでUSBの接続状況を確認してみました。

lsusbコマンド

USBに接続されているディバイスを確認するコマンドが

$ lsusb

です。
これでまず接続しているバスとディバイス番号を確認します。
その後、

$ lsusb -t

で先ほど確認したバスのディバイス番号の箇所を確認すると、末尾にリンク速度が表示されています。

これを確認したところ、コピー元のHDDに12MBとの表示が…。
やっぱりUSB1.1で接続されているようでした。

USB2.0ハブで接続しなおす

今回利用しているネットブックにはUSBポートが2つあるのですが、片方が1.1で接続されてしまうようなので、2.0のポートにハブを挿して再度接続しなおしました。
そして、先ほどと同じ手順でリンク速度を確認してみると…
lsusbスクリーンショット
無事、どちらのHDDもUSB2.0である480Mでの接続になりました。
これでコピーをしなおしたところ、ファイルコピーSS2 と、実行速度は20倍で現実的な残り時間になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。